留学までの手順

1. あなたに必要なものを見つけましょう

フィリピン留学を計画する上で「ゴール」を一番最初に見つける必要があります。
例えば、もし欧米の国々で大学入学・移住・就職を考えているのであれば、TOEICやIELTSのスコアが必要です。
加えて、TOEICやIELTSのスコアは、ワーキングホリデーやOJT研修に置いても必要な場合があります。
もしあなたがまだ目的やプランを持っていないのであれば、私たちがそれを正確に導き出すお手伝いを致します。
お気軽に私たちTalk Acadeyまたは、あなたの国の留学エージェントにご連絡ください。

2. 留学期間やコースについて
カウンセリングを受けましょう

留学コースや期間についてのカウンセリングを行います。
留学を始める前に、あなたの英語レベルと、どのコースをどれくらいの期間勉強するかを、事前に確認することをお勧めします。
もしあなたの英語レベルをチェックしないで、コースや期間など具体的なプランが無ければ、英語を勉強する期間は想像以上に長引いてしまうでしょう。

3. 日程と料金を確認しましょう

あなたがどのコースを選び、どれだけの期間勉強するかを決定したら、空き部屋状況や学費確認し、次のステップに進みましょう。
次のステップはドミトリーの種類を選ぶことです。
1月から3月は繁忙期なので、少なくとも留学希望開始日の3ヶ月前には、お問い合わせいただくことをお勧め致します。
それ以外の通常期では、留学希望開始日の2ヶ月前にお問い合わせをお願い致します。
早ければ早いほど、よりご希望に沿ったタイプのドミトリーを予約するができます。

4. ドミトリーの手配と入学登録

ドミトリーの手配と入学登録
ドミトリーの予約が完了すると、学費と滞在費用の御請求書が発行されます。
御請求書を確認して、留学エージェントに支払いを必ず完了して下さい。
費用の送金が受領されれば、一旦 入学登録は完了致します。
入学登録完了後、留学エージェントから LOA (入学許可証)を受け取って下さい。
LOAには留学コースの詳細や滞在期間など、TALK academyであなたが学習することを認めた確認証になります。

5. 出発の準備をしましょう

(パスポート・航空券・海外旅行保険)

登録が完了して LOAを受け取った後は?
フィリピンで英語学習を開始する前に、できるだけたくさんの英単語を憶えておくことをお勧めします。
基本的な文法や会話パターンなどまでも、TALK Academyで勉強しようと思わないでください。
もちろんTALK Academyで英語能力を上達することは可能ですが、もし文法や会話パターンなどの基礎を先に学んでおけば、より簡単に進歩し上達するさせることができます。
飛行機のチケットは、空港ピックアップサービスが設定されている日程で予約をお願い致します。( 空港ピックアップサービスの日程表は、ウェブサイトで確認することができます。)
もしあなたの予定がピックアップ日程日と合わない場合は、個人ピックアップサービスを利用するか、あなた自身で学校へ来ていただきます。
ご自身でTALK Academyに来られる場合、出発前に必ず「バギオへの行き方」というページをご確認下さい。
飛行機のチケットを予約する前に、パスポートの有効期限が少なくとも6ヶ月残っているか、ご確認をお願い致します。

6. 航空券情報を送信し、荷物の準備をしましょう

航空券の購入が完了したら、留学エージェントまたは弊校に航空券をお送りください。
パッキングをする前に、弊校からお送りしているオリエンテーションファイルをチェックしてください。
あなたが到着する日に空港までお迎えします。ご自身で弊校までお越しになる場合は、弊校の連絡先と緊急連絡先を確認することを忘れないでください。

7. TALK Academyでの勉強を開始しましょう

Talk Academyで英語を勉強することを歓迎します。
最初の日には、あなたは朝に休みを取ってから昼食を取ることになります。
昼食後、あなたはレベル分けテストとオリエンテーションを受けます。 午後5時前に終了します。
午後6時に学校での夕食を食べた後に、担当者が新入生をSMモールに連れて行きます。
そこで、フィリピンの通貨に両替し、生活に必要なものを買います。
翌日、正規授業は午前8時から開始され、午後6時に終了します。
お問い合わせがあれば、お気軽にお申し付けください。

Checking the suitable study plan for you

Check the official pick-up dates before you book the flight

You can check how to go to Baguio city and things you need to know during emergency